安永 好宏(やすながよしひろ)

1974年生まれ。獨協大学経済学部経営学科卒業。タイコヘルスケアジャパンにて財務経理全般を経験後、シックスシグマを手法とした業務改善に携わり、その後内部監査担当をしてUSSOx(米 国内部監査)の対応に従事する。その後、オンセミコンダクターテクノロジーにて財務経理部長 兼管理部門責任者として管理部門全体を統括する。主に管理会 計を駆使してコスト削減を図る。 2008年に情熱大陸でロボットスーツHAL(ハル)をみて、老老介護の実現に貢献したくサイバーダイン社に経営管理部長として入社。当初は上場準備を担当。

2010年より収益部門を強化するために第2営業部長として営業部門へ異動する(総務人事部長兼務)。営業として販売を加速するとともに、つくばでのHAL FIT事業の立ち上げ経験を活かして鈴鹿 および大分ロボケアセンターを立ち上げサービス事業としての展開も推進している。

2015年に、放送大学大学院修士課程を修了する。修士論文のテーマは、HALによる重度の運動麻痺を呈する慢性期脳卒中患者における起立および立位訓練の検討である。HAL福祉用を用いて、実証研究を行ってきた。

その時の経験を湘南、大分および鈴鹿ロボケアセンターのHAL FITで活かしている。現在は、営業部門の責任者(本部長)としてもHALの普及活動に務めている。

代表取締役あいさつ

 大阪ロボケアセンターは特定非営利活動法人永寿と鈴鹿ロボケアセンター株式会社が連携して事業を行う関西初のロボケアセンターです。大阪ロボケアセンターの運営会社である鈴鹿ロボケアセンター株式会社は、2013年9月、鈴鹿医療科学大学白子キャンパスコミュニティハウス内に開所いたしました。 建学の精神である「科学技術の進歩を真に、人類の福祉と健康の向上に役立たせる」の下に撓まぬ研究活動を続ける鈴鹿医療科学大学と、古来より交通の要衝にあり、常に時代の変化に柔軟に対応し成長を続けてきた三重県は、国内はもとよりアジア各国に開けた「長期滞在型HAL®トレーニング」の可能性を最大に活かせる最適な地域であると確信しております。 ホスピタリティあふれる最先端テクノロジーを実社会で生かす場を創出できるよう事業を推進して参ります。

私は、2008年4月に親会社である創業期まもないCYBERDYNEに経営管理部門として入社しましたがHALをより利用者の近くでの活動に従事したく営業部門へ移動しました。その後、つくばでのHALを活用したフィットネス HAL FITの立ち上げを行いました。その経験を活かして、営業という立場を超えてHALの利用者の声を研究にフィードバックするために、このロボケアセンターを企画し、運営を行っております。大阪ロボケアセンター は、大阪府堺市の非常に良いロケーションに位置しています。つくば、大分、鈴鹿、湘南ロボケアセンターでのHAL FIT事業の経験を生かして、利用者の皆様に満足頂けるサービスの提供を行いたいと考えています。

運営会社概要

社名 鈴鹿ロボケアセンター株式会社
所在地 〒513-0816 三重県鈴鹿市南玉垣町3500番地3
鈴鹿医療科学大学白子キャンパスコミュニティハウス内
代表者 代表取締役 安永好宏
設立 2013年4月11日
資本金 300万円(2013年4月現在)
代表電話 059-389-7762
FAX番号 059-389-7835
WEB http://robocare.jp/suzuka
事業内容 介護ロボットを活用したトレーニング事業
デイサービス等介護保険事業
医療福祉機器およびシステムの研究開発事業
運動施設・フィットネスクラブ事業
インストラクター・トレーナー教育事業
事業所番号 デイサービス 2470302767
訪問看護 2460390152