2018.04.27 【ニュース】ロボットスーツ HAL®による歩行機能向上促進プログラムの拡大のお知らせ 〜 下肢機能障害を有する児童・生徒に、歩行機能向上促進の機会を無償提供 〜

ロボットスーツ HAL®による歩行機能向上促進プログラムの拡大のお知らせ
〜 下肢機能障害を有する児童・生徒に、歩行機能向上促進の機会を無償提供 〜


AIGジャパン・ホールディングス株式会社(代表取締役社長兼CEO ロバート・ノディン、以下「AIGジャパン」)とCYBERDYNE 株式会社(代表取締役社長 山海嘉之、以下「CYBERDYNE」)は、両社で実施している脊髄に障害を持つ神奈川県内の小中高生を対象に、CYBERDYNEのロボットスーツHAL®を活用した歩行機能向上促進の機会を提供するプログラムについて、その適用対象を拡大します。

 このたび、身長、年齢、疾患、居住区などにより本プログラムの適用対象外となっていた多くの方からの利用希望を受けて、以下の通り、適用対象となる児童・生徒の範囲などプログラムを大幅に拡大することを決定しました。

 ・対象者の範囲拡大(適用サイズ等拡大)
身長145cm以上の小中高生を対象としておりましたが、身長100cm以上(体重15kg以上)の下肢機能障害を有する児童・生徒(小学生未満を含む 原則6〜22歳)の方を広く対象とする事といたしました。


 ・対象エリアの拡大
神奈川県内に在住もしくは県内の学校に通う方を対象としていましたが、湘南ロボケアセンター(所在:神奈川県藤沢市辻堂)へ自ら通所することを条件に、地域限定の枠を拡大(撤廃)しました。


 ・対象期間の拡大
以上、対象範囲の拡大にあわせて当該プログラム募集期間の延長(2018年9月まで)を行います。



プログラム応募要項に関しましては、下記をご確認ください。

プログラム応募要項


ページトップへ