『自分の力で立ちたい、歩きたい...』
その思いを実現していくのが、HAL FITのトレーニングです。

病気や事故によって脊髄損傷、脳卒中、脳性麻痺などになると、身体に運動機能障碍(しょうがい)が残り歩くことが不自由となる事があります。 あるいは、高齢と運動不足が合わさることでも身体の運動機能は弱くなってしまいます。そんな日常をロボットスーツHAL®がサポートしてくれます。

HAL FITは、「HAL®」を使用した新しい形のトレーニング・プログラムです。 専門スタッフが一人一人に合ったメニューを組み、最先端のテクノロジーを活用しながら、歩行運動や立ち座り運動などを実施します。利用者様に合わせたパーソナル性の高い機能的なトレーニング・プログラムを提供します。

ロボットスーツHAL®は、 装着者の意思に従った動作を実現する、世界初のサイボーグ型ロボットです。装着者の「脚を動かそう」という意思に応じて動きます。HAL FIT®では、このHAL®を用いて動作をサポートし、楽しくトレーニングを行っていきます。

HAL FITではHAL®下肢用を装着し下記のようなトレーニングを実施します。

  • 膝の曲げ伸ばし


  • 歩行器等を用いた歩行練習


  • 立ち座りやバランス練習


  • 免荷装置を利用の歩行練習


  • フィットネストレーニング


単関節プログラム

脳卒中後遺症片麻痺 ・脊髄損傷による対麻痺(不全麻痺) 上記のような方や 肘または膝の機能障碍をお持ちの方に対しトレーニングを可能にする新しいタイプのHAL®です。 小型で軽量な為、持ち運びが容易!ベッドなどに横になったままでもご利用できます。

プログラム内容

  • 肘の曲げ伸ばし

  • 膝の曲げ伸ばし

HAL FIT®利用条件

  1. 介助のもと立位姿勢を保てる方
  2. 1人で座位姿勢を保てる方
  3. HAL®下肢用の適用サイズの方  (体重90kg以下、身長150~190cm程度)の方
  4. 著しい関節障害(変形、炎症、脱臼)のない方
  5. 動作の手順や注意点などの説明をご理解いただける方

※ 著しい高血圧や骨の脆弱性、心不全などの症状がある方はあらかじめ医師にご相談ください。
※ 妊娠中の方、およびペースメーカー等、能動埋め込み医療機器をご使用のお客様はHAL®の装着をご遠慮いただいております。
※ お客様の健康状態によりましては、スタッフの判断により装着をご遠慮いただく場合がございます。