安永 好宏(やすなが よしひろ)

1974年生まれ。獨協大学経済学部経営学科卒業。タイコヘルスケ アジャパンにて財務経理全般を経験後、シックスシグマを手法 とした業務改善に携わり、その後内部監査担当をしてUSSOx(米 国内部監査)の対応に従事する。その後、オンセミコンダクターテクノロジーにて財務経理部長 兼管理部門責任者として管理部門全体を統括する。主に管理会 計を駆使してコスト削減を図る。
2008年に情熱大陸でロボットスーツHAL(ハル)をみて、老老介護の実現に貢献したくサイバーダイン社に経営管理部長として入社。当初は上場準備を担当。
2010年より収益部門を強化するために第2営業部長として営業部 門へ異動する(総務人事部長兼務)。営業として販売を加速するとともに、つくばでのHAL FIT事業の立ち上げ経験を活かして鈴鹿 および大分ロボケアセンターを立ち上げサービス事業としての展開も推進している。
2015年に、放送大学大学院修士課程を修了する。修士論文のテーマは、HALによる重度の運動麻痺を呈する慢性期脳卒中患者に おける起立および立位訓練の検討である。HAL福祉用を用いて、実証研究を行ってきた。
その時の経験を鈴鹿および大分ロボケアのHAL FITで活かしている。現在は、営業部門の責任者(本部長)としてもHALの普及活動に務めている。

代表取締役あいさつ

大分ロボケアセンター株式会社は、2014年1月、社会福祉法人太陽の家敷地内に開所いたしました。 創立以来「足りないところは科学技術を利用した治工具で補って働くための環境づくり」を進めてきた太陽の家と、世界的にも先進的なバリアフリー精神にあふれた ”おんせん県” 大分県は国内はもとよりアジア各国に開けた「長期滞在型HAL®トレーニング」の可能性を最大に活かせる最適な地域であると確信しております。 ホスピタリティあふれる最先端テクノロジーを実社会で生かす場を創出できるよう事業を推進して参ります。

私は、2008年4月に親会社である創業期まもないCYBERDYNEに経営管理部門として入社しましたがHALをより利用者の近くでの活動に従事したく営業部門へ移動しました。その後、つくばでのHALを活用したフィットネス HAL FITの立ち上げを行いました。その経験を活かして、営業という立場を超えてHALの利用者の声を研究にフィードバックするために、このロボケアセンターを企画し、運営を行っております。

会社概要

社名 大分ロボケアセンター株式会社
所在地 〒874-0011 大分県別府市内かまど1393番地
代表者 代表取締役 安永好宏
取締役 志岐佳紀
取締役 池本しおり
設立 2013年9月11日
資本金等 600万円(2014年3月現在)
代表電話 0977-76-5543
(火〜金 9:00~19:00 土 9:00~18:00 日月祝 休)
FAX番号 0977-76-5537
WEB http://robocare.jp/oita

ロボケアセンターネットワーク

大分ロボケアセンター株式会社はCYBERDYNE株式会社の九州拠点を兼ねております。

JR亀川駅より徒歩5分 JR別府駅より車で20分 大分空港より車で40分 (社会法人太陽の家 敷地内) マップコード 46584301※63 車のナビゲーションマップコード検索で入力してください。